2017年11月17日金曜日

Spinner Bait

馴染みやすさでは、他の追随を許さないSpinner Bait(スピナーベイト)

この時期になると着たくなるでお馴染みの、セーターフリースが到着。


セーターフリース

各8500円

size 40.42.44







ニットな見え方だけど、実はフリース素材。

だから、ちくちくせずにふわっふわ。保温性も格別でしっかり暖かい。

厚手のニットと違って干渉しないから、上着も選び放題でストレス知らず。

素肌で着るのも良し。インナーにシャツを合わせるのも良し。

好みや気温に合わせて、お楽しみください。

2017年11月16日木曜日

再入荷

完売や色欠けしてたアイテムが、再入荷いたしました。

ENDS and MEANSのHeavy Hoodieや、Standard Work Chino










 



Spinner Baitのボンバーヒート







 




BsaBのディフューザー








RoToToのCITY SOCKS


他にもたくさん入荷しております。

ぜひご来店くださいませ。

ibex

地上最強の肌着は何だ。我々はその謎を解明すべく、アマゾンの奥地へと向かった。

保温性に優れているのはもちろん、より快適に真冬を過ごせる肌着。

化繊ふくめて自腹で買い揃えて、一着一着じっくり着てみて違いを確かめました。

そして、ようやく答えが出ました。

現時点で考えうる最高で最強な素材、それはメリノウールでした。



 Woolies 1 Crew 11300〜12000円 size S.M.L

Woolies 1 Bottom 11300〜12000円 size S.M.L






一度、騙されたと思って、男性も女性も袖と足を通してみてください。

着たその時から脱ぐその時までずっと、ちょうど良い暖かさがじんわりが続く、快適な保温性。

暑くなりすぎないように、体温管理してくれるところが、すでに素晴らしいんだけど、

うっかり汗をかいてしまっても大丈夫。蒸れにくく乾きやすいから、べたつかない。

防臭防菌機能も備わってて、臭くなりにくいのも嬉しいポイント。

実際、去年の冬に、おはようからおやすみまで脱がずに(お風呂はもちろん入って)繰り返し毎日着用して、

6日目で、やっと匂いがすこし気になるぐらいな抗菌性にはたまげました。驚きの抗菌性

伸縮性豊かで、気持ちよく体にフィットする様も気持ち良い。

肌触りも滑らかでウールなことを忘れてしまうほどの、柔らかな着心地も最高。

そして、お店で選んだのは、品質も良く耐久性も高いアメリカのibex(アイベックス)社。

インナーとしてごわつかず、外に出ないぶん存在感も極めて薄いんだけど、肌着で着るならメリノが一番。

肌着なら、化繊は天然素材には敵わない。これがアマゾンの奥地で見つけた自分で試して出した答えです。

寒いのが苦手な、全ての人の必需品。それがメリノウールなんです。

縁の下の力持ち的存在で、目立たないけど間違いなく防寒面での影の立役者。

ぜひ、あなたの冬服のスタメンに加えてみてください。

必ず最高の成績が残せることを、ここに約束します。









※そして、残念なお知らせを、みなさまにお伝えしなければなりません。

ibexが来年は日本から撤退してしまって、アメリカ本国のみの販売になってしまうそうです。

その分、数はたくさん仕入れてますので、すぐに完売することもないとは思いますが、

気になる方はお早めのほうが良いかもしれません。

個人的にも一番気に入ってたメリノウールのブランドだけあって、ものすごく寂しいですが、

こればっかりはどうしようもありません。

一人でも多くの人に行き渡るように頑張りますので、よろしくお願いします。

2017年11月15日水曜日

FOXFORD

伝統を守り続けて創業125年、アイルランドの老舗中の老舗

アイルランド随一のニットメーカーFOXFORD(フォックスフォード)から今年もマフラーが到着

どれも良い柄ばかりで、悩ませてしまうラインナップがこちらです。



Lambswool Scarf

各5800円

size 190×30cm














しっとりラムウールで、やわらかくそして暖かい。

カジュアルでもビジネスでも使い易い、落ち着いた配色だから、オンオフ気にせずどちらでも

アクセントに、防寒に。脈を温めれば体温も上がる。冬の三種の神器でしっかり防寒を

お洒落は我慢。ではなく、お洒落は悦び。寒さも我慢せずに、暖かく楽しみましょう。

楽しく暖かく。そして、快適に。微力ながらお手伝いできればなによりです。

2017年11月13日月曜日

Kepani

北風、空っ風、すきま風。冬の風は、痛くて冷たい。

そんな時には、冬の三種の神器で防風防寒対策抜かりなく。

冬の三種の神器と言えば?そうだね。マフラー、手袋、ニットキャップだね。

今日はその中の一つ。手袋のご紹介。

四国は香川で編まれた、やわらかく、気持ち良い、裏毛の手袋です。





Gloves

4300円

size S.M








縫い代を外に出してあるから、密着性や着用感も気持ちよく手にフィット。

さらに見栄えも良く見える。実は理に適った手法なんです。

なにより、このスウェットの可愛さがたまらない。

人差し指、中指、親指には、それぞれタッチパネルも操作できるよう刺繍を施し、

スマートフォンにもしっかり反応するから、いちいち手袋を脱ぐ煩わしさからも解放。

快適で暖かいタッチパネル生活の始まりだ。

男性女性どちらでもはめれるように、サイズも二種類をご用意。

小物を制するものは冬を制する。それは、あながち間違いじゃないかもしれません。

2017年11月12日日曜日

2017年11月10日金曜日

ENDS and MEANS

今季大注目のENDS and MEANS(エンズアンドミーンズ)

上半身のアイテムに注目が行きがちな同ブランドだけど、下半身のアイテムも小物も実に素晴らしいんです。


Standard Work Chino

各20000円

size S.M.L











野暮ったさを残しながら、男らしく仕上げた武骨な一本。

粗野でいて、色気もある。アンバランスなようでいてバランスが取れた佇まい。

ゆとりあるシルエットながら、裾に向けてテーパードさせて、やりすぎない太さに。

ENDS and MEANS定番のワークチノ。定番だけあって良い面構え。

気づけば穿いてしまう。さりげなく所有者の心を惹きつける魅力的なパンツです









Leather Pouch Bag

各20000円











ちょっとしたお出かけや、旅行でも使い勝手が良い、小ぶりなバッグ。

ベジタブルタンニンで鞣されたバケッタレザーは、最初は素朴で控えめな表情だけど、

使い込むほどに滲みでる艶と色気が素晴らしい。

鞄の中も二つのポケットが付いてるから、最低限の仕分けも申し分なし。

上品で堅牢。慌てずじっくりと育てていきたい、素敵な鞄です。