2018年1月31日水曜日

suolo

僕らの鞄部門の定番なら、もちろんsuolo(スオーロ)

そんなスオーロに、新たな定番と言っても過言ではない鞄が登場。


GRAB leather

各18000円

size : 高さ23cm×横幅28cm×奥行き6cm








ころんとしたフォルムと、しっとりしたレザーが相まって震えるほど素晴らしい佇まいに。

がっしりとした無骨な栃木レザーと、滑らかで上品な姫路レザーの組み合わせも最高。

お出かけや休日。旅行先にもふさわしい、適度な大きさ。

三つの内ポケットでちゃんと仕分けれて、メインも入れたい荷物がすんなり入る。ちょうど良い収納力

かわいくて力強くて、ちゃんと品がある。

休日のお供に欠かせない、静かに主張できる鞄です。

2018年1月29日月曜日

Nasngwam

Nasngwam(ナスングワム)にしては、すこし珍しい。

だけども、らしさ漂うベーシックなパンツが出来上がりました。


SEAMLESS PANTS

13800円

size S.M.L




絶妙という言葉がしっくりと似合う、太すぎず細すぎずなシームレスパンツ。

サイドのシームを無くして、スッキリした表情に。

綿100%だから、経年劣化を気にすることなくガシガシ穿けるのも心強い。

自分だけの経年変化を、お楽しみください。

なんてことないようで、なんてことある普遍的な一本。

普段穿きに最適なパンツです。

2018年1月26日金曜日

Tibetan horn ring

バッファローのツノから作りあげた、ホーンリングがチベットから届きました。

どことなくいびつな掘りだけど、そんな不器用さが愛おしい指輪たち。じっくりとご覧ください


Tibetan horn ring

各4000円









インディアンジュエリーや、スリップウェアにも通ずる模様があるのにも、個人的にはグッとくる。

手作りだから、サイズも柄もバラバラ。

好みの柄があなたの指にぴったりなら、それはもう運命。連れて帰る定めなのかもしれません。

大らかで適当。アジや余白を楽しめる、寛容なあなたに。

2018年1月25日木曜日

CITIZEN

日本を代表する時計メーカーと言えばCITIZEN(シチズン)

元々は、懐中時計を製造してた1918年創業の尚工舎時研究所から始まった同社。

その長い歴史の中でも、歴代の名作と言われてるうちの一つ。アイボリーデートを見つけました



IVORY DATE

55000円

size 文字盤2cm×ベルト幅11mm






小柄なサイズ感で、とても愛らしい60'sのアイボリーデート。

灰味の白色な文字盤の色と、12時の位置に配された王冠マークは、とても絵になる佇まい。

巻くその都度に、愛着もひとしおな手巻き式。

時計の持つ引力に引き寄せられてしまう、愛らしく朗らかな一本。

あなたの琴線を掴んで離さない時計になれれば、幸いです。

2018年1月24日水曜日

OMEGA

1848年創業のスイスを代表する、世界が認知する時計ブランド。

キングオブウォッチ。それが世界のOMEGA(オメガ)

今回は、前作とは違ったオメガの1960年代の時計を、一本だけ確保しました。

220000円

size 文字盤3cm×ベルト幅18mm






すこしくすんだ灰色とゴールドの抑揚が効いた、見とれてしまうほど美しい文字盤。

インデックスやΩマーク、スモールセコンドや針も、ゴールドに統一された表情が実に素晴らしい。

いやらしさが前面に出ずに、さりげなく上品。

もちろん、オーバーホール済みで、お買い上げいただいたその日からつけれます。

全く同じ時計も、今後まず見つけることはできないので、気になった方はこの機会にぜひどうぞ。

いつまでも腕に巻いて眺めていたくなる、色褪せない銘品がこちらです。

2018年1月22日月曜日

U.S.MILITARY SLIPPER

デッドストック。その響きだけで、物欲が強くなる気がするよ。

今回は、1969年製のアメリカ軍のスリッパを見つけました。



DEAD STOCK MILITARY SLIPPER

各2100円

size FREE





元々は、野戦病院などで使用されてた、このメディカルスリッパ。

動き回ったときに脱げないように、紐で踵を止めれる簡易な仕様は、軍モノらしい合理的配慮。

軽くて持ち運びも容易だから、携帯スリッパとしても活躍してくれること間違いなし。

旅先や、機内。もちろん家にも。

飾り気のない簡素な佇まいに、目がしっかり詰まってるコットンキャンバス。まさに質実剛健なスリッパ

もちろん洗濯可能で、扱いやすいのも好印象。

デッドストックなところも、ついつい惹かれてしまうポイント。



個人的には、毎回紐を結ぶのが億劫なので、紐を切って使うのが◎

普段使いに最適で、外出先でもちょうど良い、飾らず履ける一足です。

2018年1月21日日曜日

2018年1月19日金曜日

穴山 大輔

瀬戸の穴山大輔さんから、いつものカレー皿が届きました。

と言っても、前回と全く同じではありません。今回も試行を重ねて、更新された一皿です。


カレー皿

各3900〜4500円

size 直径23cm×高さ8cm











カレー皿と命名されてはいるけども、深さもほどよく、しっかり大きさもあるから、

カレー以外の相性も抜群。煮物、汁物、サラダに和え物。そして丼料理と、思いつくままに。

器の縁のねじれとゆるやかな曲線のおかげで、持ちやすく、掬いやすい。見た目の良さは言わずもがな。

ついつい使ってしまう、使い勝手の良さと汎用性に優れたこの器。

日々の食卓に気づけば上る、これからも欠かせない器のひとつです。

2018年1月18日木曜日

CHPO

1997年創業と若手ながら、その人気に拍車がかかりまくってる、

スウェーデン生まれの時計ブランドと言えばCHPO(シーエイチピーオー)

カジュアルな値段に見合わない、シックな時計が得意なここんち。

今回はちょっぴり可愛げのあるモデルと、垢抜けたモデルが入ってきました。



各6800円

size 直径4cm×ベルト幅2cm






キリッとしたブラックフェイスに、ワンポイントのマグカップとハートのほっこり感がとても微笑ましい。

御託を並べてもいいけれど、やっぱりつけてもらうのが、一番わかりやすいかもしれません。

可愛さと強さを兼ね備えながらも、気軽につけれる時計です。







RAWIYA NOIR

8800円

size 文字盤4cm×ベルト幅2cm







白と黒。余分な要素を削ぎ落としたミニマルな文字盤は、慎ましく美しい。

それでいて、どんな服にも馴染んでくれる懐が広い一本。

清潔でありながら、上品。だけどもカジュアルにつけれる。普段使いにもってこいな時計です